2014年12月 4日

火傷しやすくなるから脱毛している時は日焼けと乾燥には特に注意して!!

脱毛を始めたら気をつけないといけないのが『日焼けしないこと』と『乾燥しないよう保湿ケアを行うこと』です。

現在人気のサロンのほとんどがフラッシュ脱毛を採用しています。

フラッシュ脱毛の光は色の濃いものに反応しダメージを与えます。

その為、黒いムダ毛だけにダメージを与え、肌にはやさしい脱毛ができるんです。

しかし、日焼けして肌が黒くなってしまったとしましょう。

そうなると、ムダ毛だけでなく、黒くなってしまった肌にも光が反応してしまい、火傷などの肌トラブルを起こしやすくなってしまうんです。

また、通常何もしていない状態と比べると、脱毛後の肌は敏感になってしまいます。

乾燥しているとちょっとしたことですぐに肌トラブルが起きやすくなるように、施術時乾燥していることで肌トラブルが出やすくなったり、痛みを感じやすくなってしまうんです。

ムダ毛はなくなったが、肌荒れや火傷になってしまっては脱毛する意味がありません。

また、安全に脱毛を行う為、日焼けしていたり乾燥した肌の場合、施術できないと断られてしまうこともあるんですよ。

その為、脱毛に通っている間には日焼けと乾燥には注意しましょう。

脱毛には2?3ヶ月に1度ぐらいに通うだけですが、満足いくまで脱毛するとなると1年以上かかることもあります。

施術している部位は、しっかり日焼け止めクリームを使用したり、なるべく露出しないように気をつけましょう。

夏、どうしても海やプールに行くという場合は、ラッシュガードを利用しましょうね。

うっかり日焼けしてしまった場合は、日焼けが落ち着くまで脱毛できません。

キャンセル料がかかる前に予約日をずらすなど対応を行いましょう。

乾燥対策は保湿ケアを毎日しっかりと行いましょう。

おすすめはケアしやすくより乾燥を防ぐお風呂あがりです。

顔と同じように化粧水と保湿剤を使うのがおすすめです。

化粧水はスプレーボトルに入れ替えれば、全身ケアしやすくなりますよ。

どちらも怠ってしまうと、脱毛が延期になり、時間がかかってしまうので、しっかり気をつけましょうね。